<美容お役立ち情報>正しい歩き方を覚えて足痩せ

足痩せを実現させる為のウォーキングを実践する時のポイントとしましては、とにかく正しい歩き方でウォーキングをするということです。
全身の筋肉に働きかけることができ、正しいウォーキングを実施することで、その結果歩く姿勢とスタイルが良くなります。

 

足痩せ運動などといったものを通勤時のウォーキングでする時には、ヒールだったとしても後ろで蹴る脚の膝が曲がらないように注意をしましょう。
短時間でも正しいウォーキングを心掛けすることで、無理に長時間歩かなくても、全身の筋肉に刺激を与える効果が認められています。
もしかして貴方はこれまで間違ったダイエット方法を毎日にように繰り返して実践していませんか?
それでは確かに体重を減らすことは出来たとしても、リバウンドとの戦いになりかねるのでエステに相談をしてみましょう。 美しく綺麗なウォーキングをするコツについてですが、背筋を伸ばし腹筋を意識しながら、歩幅を広くして、早足で歩くことが最も大切なこととなります。
つま先でしっかり地面をとらえ、かかとからしっかりと着地をすることが重要です。



<美容お役立ち情報>正しい歩き方を覚えて足痩せブログ:21 7 17

減量を実践していく上では、
行動できた自分を褒めるという事によって、
次の行動を喜んでできる自分を作り上げていくことが大切です。

決して、自分を甘やかすということではなく、
褒める対象を、行動できた自分とすることによって
次の行動もしくは、行動を継続することへのモチベーションを
強化することなんです。

具体的に言いますと…
「今日はラジオ体操を10回やった」自分を褒めて、
「1日後もやろう」
とか、
「1日後は11回やってみよう」
という感じで、次の行動に繋げていくのです。

「行動できなかった自分を責める」
と言う風に考えてしまうと、次の行動に繋がりませんし
劣等感と後悔とストレスが溜まるだけです。

だから
できないことや苦手なこと
例えば、スナック菓子を深夜に食べてしまったなど…
に焦点をあてるのではなく、

得意なことや好きなこと、
例えば、ラジオ体操できた、玄米のご飯が美味しかったなど…
をクローズアップすることが大切なのです。

できないことを責めていても意識がそちらに向いてしまうと、
なかなか直りません。

だからいくら
「深夜にスナック菓子を食べてしまった」と自分を責めていても、
深夜にスナック菓子を食べる癖は直らないのです。

それより、
ご飯を食べた後は、リラックスできる音楽を聞きながら、
アロマを楽しんだり、マッサージをしたりして気分をリラックスさせて、
スナック菓子を食べたくなる前に、
早く眠るように生活習慣を付けるようにするなど…

自分の好きなことに目を向けて自然と直るようにすることが、
ストレスを溜めない減量の秘訣だと思います。